キングスポーカー

KINGS POKER




ゲームジャンル : 対戦式ポーカー
ゲームタイプ  : 思考系
ゲーム難易度  : 中級
プレイ人数   : 2~4人用
対象年齢    : 10歳以上
プレイ時間   : 40分
使用デッキ   : シリーズどれか1つ
チップの使用  : なし




特徴
キングスポーカーは、手札からカードを1枚ずつ自分の場に出していき、タテ3枚の役を2~3人プレイでは5列、4人プレイでは4列作ります。それぞれ列ごとの役で勝負をしていき、最も強い役を作ったプレイヤーがその列での勝利を得ます。全ての列で勝負して、最終的に最も勝利数の多いプレイヤーが優勝となります。どの列を捨てて、どの列で勝負をかけるかの判断が悩ましいゲームです。


準備
3シリーズのうち1つを用意します。

シリーズ1では説明カード12枚を除いた全てのカードを使用します。
シリーズ2・3では説明カード4枚とエキストラキング(8枚)を除いた全てのカードを使用します。

上記のカードを全てシャッフルし、そこから全員に5枚配ります。あらかじめスタートプレイヤーを決めておき、その人が配るようにします。次のプレイからは勝った人が配るようにします。残ったカードは全て山札としてテーブルの中央に置きゲーム開始です。

プレイ
スタートプレイヤーから時計回りにプレイしていきます。自分の手番では、手札から1枚自分の場に配置します。タテ3枚の役を2~3人プレイでは5列、4人プレイでは4列作るようにします。カードは必ず1番右の列(1列目)から順に配置していきます。いきなり3列目や4列目には配置できません。役は完成させなくても次の列のカードを配置して構いません。タテの並びは自由に変える事ができますが、ヨコの並びは勝負の順番なので1度配置してしまったら変える事はできません。手札に良いカードが無くても、必ず場に出さなければなりません。その後山札から1枚引いて手番終了です。山札が無くなったら、手札のみでプレイを続行します。全員が全て置き終わった時点で、自分から見て1番右の列(1列目)から勝負していきます。それぞれ列ごとの役で勝負をしていき、最も強い役を作ったプレイヤーがその列での勝利を得ます。全ての列で勝負して、最終的に最も勝利数の多いプレイヤーが優勝となります。勝利数が同じならば引き分けです。プレイヤーが4人いる場合は2人同士のチーム戦でプレイすることができます。その場合、チームにおける勝利数の合計で勝敗を決めます。チーム戦においては現在手札に持っているカードの情報を交換してはいけません。パートナー同士は向かい合って座るようにします。連係プレイが勝利の鍵となり、より深いプレイを楽しむことができます。


ジョーカー
ジョーカーは1度だけワイルドカードとして使用できます。ただし2枚目は場に出すことはできません。そのため2枚目からは手札を圧迫するだけのお邪魔カードとなります。ジョーカーを入れた役は入れていない役より弱くなります。


ジェスター
ジェスターは相手の場に置くことができます。ジェスターを置かれた相手は、次の手番に必ずそのジェスターの上にカードを置かなければなりません。すでにジェスターが置かれてしまっているプレイヤーには、そのジェスターの上にカードが置かれるまで、次のジェスターを置くことはできません。ジェスターを2枚以上持っていたら、複数のプレイヤーに使用することができます。ジェスターを使用したプレイヤーは、使用した分だけ山札から補充し、最後に手札から自分の場に1枚出して手番を終了します。 


役の強さ:上から強い順
同数3枚 スリーカード(ジョーカー無しならば2勝分)
同色連番 ストレートフラッシュ
同色   フラッシュ
連番   ストレート
同数2枚 ペア
役無し  ブタ

ジョーカーを使用していない「スリーカード」は2勝分としてカウントできます。
同じ役の場合はカードの合計数が多い方が勝ちとなります。同じ役でカードの合計数も同じ場合は、各プレイヤーにそれぞれ1勝分としてカウントします。(ジョーカーが入っていても成立しますし、ランクやスートが違っていても構いません)ただし、他のプレイヤーがそれ以上の役を作っていた場合は当然負けとなります。チーム戦でプレイする際には、あえて合計数が同じ役を作るようにして勝利数を稼ぐ戦略も有効です。