キングスダンジョン

KINGS DUNGEON




ゲームジャンル : スライドパズル
ゲームタイプ  : 思考系
ゲーム難易度  : 初級
プレイ人数   : 1人用
対象年齢    : 12歳以上
プレイ時間   : 30分
使用デッキ   : シリーズ1(シリーズ2でもプレイ可能)
チップの使用  : なし




特徴
ソリティアとは1人遊びのことを言います。キングスダンジョンは並べられたカードをスライドパズルのように動かしていき、1枚のカードをゴールまで導くことができたら成功となります。初めてプレイする方でもカードの動かし方を覚えながら楽しむことができるのも魅力の1つです。


準備
最初にステージとなるダンジョンを作ります。
全てのカードをよくシャッフルして山札を作り、そこから1枚づつ全部で15枚のカードを(図1)のように順番に配置していきます。カードは全て表にして向きも揃えます。山札はどこかに混ざらないように置いておきます。

(図2)中央最下段(ピンクの位置)のカードを「プレイヤーカード」と呼びます。
それ以外のカードは全て「ダンジョンカード」と呼びます。
(図3)次にダンジョンカードから任意に1枚取り除き、山札とは別にして置いておきます。
プレイヤーはダンジョンカードを移動表示通りに移動させて、プレイヤーカードを中央最上段のゴール(グリーンの位置)まで移動させれば成功となります。


プラクティス(練習用)
(図3)「プラクティス」とは練習用ステージのことを言います。準備で説明した通り、カードを1枚取り除いてゲームを開始します。カードの動かし方を覚えながら楽しむことができるので、初めてキングスプレートをプレイされる方にとっての1番最初のゲームとして、とてもお勧めな遊び方の1つです。



KL01_convert_20110404120935.jpg


KL02_convert_20110404121020.jpg



4つの試練
(図4)ここからが本当の遊び方となります。「4つの試練」では新しく山札を作り直し、プラクティスと同様に縦5枚x横3枚に並べ、ダンジョンカードから任意に1枚取り除きます。

プラクティスと違うところは、ここからさらにダンジョンカードをステージ数と同じ枚数だけ裏返さなければいけません。ステージは山札が無くなるまでに全部で4つあり、1ステージ目は1枚、2ステージ目は2枚、4ステージ目は4枚といった具合にダンジョンカードから任意に選んで裏返さなければいけません。
そのときに例外としてキングのカードは裏返すことはできません。
取り除いたカード・裏返したカードは、最後の「王の試練」で再び使用するので他のカードとは別にして置いておきます。

「4つの試練」では、成功したとき使ったダンジョンカード・プレイヤーカードは他のカードとは別にして置いておきます。成功し続けているときは、途中で山札をシャッフルしてはいけません。そのまま同じ山札でプレイを続けます。途中で失敗してしまったらゲームオーバーです。


王の試練(キングスダンジョン)
4つのダンジョン全てに成功すると、取り除いたカードと裏返したカードは全部で14枚あり、最後にその14枚を使って「王の試練」と呼ばれる最終ダンジョンに挑むことができます。
プレイヤーカードはキング4枚のうちから好きなカードを選びます。選んだキングを最初に配置し、次に14枚のカードをよくシャッフルして山札を作り、そこからプラクティスと同様に配置します。
最後にダンジョンカードを任意に1枚取り除きゲーム開始です。カードは裏返しません。
見事「王の試練」をクリアーすることができたら、最高位の「キングの称号」を得ることができます。


クリアーの称号
プラクティスダンジョンクリアー :ポーンの称号
ファーストダンジョンクリアー  :ルークの称号
セカンドダンジョンクリアー   :ナイトの称号
サードダンジョンクリアー    :ビショップの称号
フォースダンジョンクリアー   :クイーンの称号
キングスダンジョンクリアー   :キングの称号